ブリーチって?市販との違い

まずブリーチって?

類似記事

セルフカラー

脱染、脱色の話

ヘアカラーとは

ヘアカラーは、髪の毛を明るくしたり髪の毛を染めたりすることすべてを指すことがおおですが、正確にいうと『脱色』+『色素を加える』ことを指します。

明るくしつつ色を入れると言うことです

染色のみも可能ですよ

ブリーチとは

今日の本題です

髪の毛を脱色すると、髪の毛にもともとあるメラニン色素が破壊されて、やればやるほどどんどん白い毛に近づいて行きます。

個人差で抜け方が違います

image

カラーは

色素を明るく染めていきます

ブリーチは

色素をこわします

この違いが大変大切です

壊すことで髪の色味が取り除かれ透明感と言うものがでます

俗にゆうハイトーンの外国人風

とゆうものをめざす際に必須です

市販と美容師専門品の差

僕自身セルフブリーチをしたこともありますが

ダメージに差は感じず技術だけだとおもってました!

だがしかし

有ります違い!!

ドラッグストアーなどで販売されているブリーチ剤は、

1剤がクリームタイプですが、美容室などにあるのはパウダータイプです。

これが大きいみたいです

補足

  • 1剤:アルカリ剤(主にアンモニア水)
  • 2剤:過酸化水素水(H2O2
  • 一剤で強さがかわります
  • 二剤に関してはカラー剤と同様です

市販の場合はクリームタイプのブリーチです

美容師の場合はパウダータイプです(マニアックな話ですが過硫酸塩とが入っており協力になってます)

クリームの方がむらなく染めやすいが力は弱く

金髪や白には遠く明るめの金茶色

ほどにしかならないこともおおいです

パウダーはハイブリーチなどとゆわれ塗りにくく自分でするにはムラがさらにできやすいです

ちなみに頭皮の痛さもこちらのほうが断然痛いとおもいます

とゆう結果でした

技術も薬剤も違いますのでホームブリーチはおすすめしません!

この記事を書いたのはホームブリーチしてホームカラーした悲劇のあるある質問をいただいたので明日更新予定です

黒染め話

自己紹介 施術内容、方法についてはこちら 初めて御覧の方はお読みくださいお願いします(^^♪

インスタグラム ヘアアレンジメインのyuutagramお気軽フォローまってます ただいま2k(2000人)今年は10k目指します

フェイスブック 作り直してしまいましたので申請おまちしてます 友達申請はすぐ承認させていただいてます

ツイッター 大したツイートしてませんがご相談等おまちしてます いつもありがとうございます よければフォローしてくださいね(^_^)

ご予約はこちらから http://i2.wp.com/yuutaosaka.com/wp/wp-content/uploads/2016/03/LINE_h.png?w=680
LINEで送る